プロフィール

 柳沢 智郷さんは国内で単独で製作するフルート職人3人のうちの1人。東京出身。
 平成5年、スイスへわたり現地のメーカーで修理を担当。音楽の本場で気候の違い、音の違いを肌で感じ、音楽家らと交流も深めた。
 その中でフルートづくりの神様、故ヘルムート・ハンミッヒ氏を訪ねてドイツ・ベルリンへ3度足を運び、晩年のハンミッヒ氏の技を泊まり込みで学んだ。  平成8年に帰国し翌年5月に「フルート・アトリエ ヤナギサワ」をオープン。頭部管の製作や修理をしながら本体の製作への準備をしてきたが、満を持して本体の製作も始めた。

産業分類 生活密着型技術
認定年度(平成) 平成9年
マイスターの分野 フルート製作
氏名 柳沢 智郷
ふりがな やなぎさわ ともさと
性別
生年月日 昭和34年10月2日
住所 上越市三和区

志のきっかけ

頭部管を手にする柳沢さん

 独学でフルートを練習していた高校時代、楽器店でハンドメイドのフルートに出合った。「あまりにも良く鳴って、こんな楽器をつくりたいと思った」と振り返る。
 製造した千葉県のメーカーの製作者へ手紙を書き、その縁で高校卒業と同時にメーカーに就職。頭部管の部門で十四年間勤めた。
財団法人 自治総合センター